3回目のAppleEventで発表? Apple Silicon搭載Macとは

Apple最新ニュース
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

開いてくれてありがとうございます!

えんでのブログを運営しているえんでです!

このブログ記事では、現地時間11月10日10時日本時間11月11日午前3時に開催される3回目のApple Event「One more thing」で発表が予想されるApple Silicon搭載Macについて書いていきます。

(いつもでしたら、日本時間午前2時開催なのですが、サマータイムが終わったことにより日本時間午後3時から開催となります。)

当ブログの管理人で現役大学生
歴史・本・テクノロジーをこよなく愛する男性
「どこよりも丁寧にわかりやすく面白く」という
モットーで当ブログを運営しています。
お気軽にコメント下さい。

あなたの1フォローが励みになります
スポンサーリンク

Apple Silicon搭載Macの発表会?

9月にiPad、Apple Watchの発表会、10月にHomePod mini、iPhone12シリーズの発表会ときてますので、11月の今回のイベントに関しては、Macに関しての発表会だとみてほぼ間違いないと思います。

そして、おそらく今年6月のWWDCでのティムクックCEOの発言から考えると今回のイベントでApple Silicon搭載Macの発表があると思われます。

リーク情報によると、MacBook Air、 MacBook Pro13インチ、iMac(4K版)当たりがApple Siliconを搭載するのではないかとのことです。

Apple Silicon搭載Macとは

Apple silicon搭載Macとは、Apple社独自開発のARMベースプロセッサが搭載されたMacのことです。

簡単に言うと、Apple社独自のパソコンの頭脳が

搭載されたMacのこと。

今までMacには、Intel社製造のCPU(代表例core iシリーズ)が搭載されていたのですが、今後、MacはApple社独自のプロセッサに移行するというわけです。

このApple社独自のプロセッサですが、iPhoneや iPad等の他のApple製品にも搭載されており、そのMac版のものが今回発表されるMacに搭載されるのだと考えてください。

我々消費者にとってのメリット

と、まぁ専門的な話はこれくらいに。

Apple Silicon搭載Macにより、我々消費者にとって何のメリットがあるのでしょうか。

Apple Silicon搭載Macについて語った6月のイベントを見る感じ、現段階で考えられるのは、3点です。

1.値段が安くなる

値段が安いというのは我々消費者にとってとても嬉しいこと。

他社と取引してチップを製造してもらうより、チップ製造のノウハウがある自社で作った方が費用がかからない場合が多いです。

ですので、今回のApple Silicon搭載Macでは、現行のMacよりも安くなることが考えられます。

「Mac高いからWindowsで」と多くの人が思っていたと思いますが、「あれ?Macも意外に安いぞ」と感じる時代が来るかもしれません。

2.使いやすくなる

Apple Silicon搭載Macはすごく簡単にいうと、

iPhoneやiPadと同じ頭脳なわけです。故に理論上はiPadやiPhoneで使っているアプリがそのまま使えるということ。

「パソコンのアプリはなんか使いにくい!スマホのように動けばいいのに」と一度友人が話していたことがありますが、その友人の願いもこのApple silicon搭載Macで叶いそうです。

パソコンがいまいちわからない人でもスマホのようにアプリが使えれば、嬉しいはず!

ただ、Android使用者のことも、もう少し気にかけてくれると嬉しいのですが、、

3.バッテリー持ち×性能 UP

Apple社の幹部曰くiPhoneやiPadに搭載されているApple社独自のチップは「機能とワットあたりの性能は業界一」とのこと。

このiPhoneやiPad等の開発で培ったノウハウを生かして、Apple Silicon搭載Macを「パフォーマンスは高いのに消費電力は少ない」という理想のパソコンにすると前のイベントで言ってました。

つまり、今のMacよりも性能は高いか同じくらいなのに、バッテリーは今よりも長く持つということです。

これは、我々消費者にとっても嬉しいニュース。

バッテリー切れの心配がなく、どこでも自分がしたい作業を長くできるというわけですから。

そして、GPUにも力を入れて、ゲームにもプロユーザーが使うにも最適なMacが誕生させるとのこと。

注意点

1,安定性

私はその当時のことを知りませんが、Macは昔もプロセッサを移行しました。

その時は、不具合が多発したとのこと。

またApple社の新製品は不具合が発生することが多いです。

いくら省電力高性能でも、不具合が多発する可能性があるというのを頭に入れておかなければなりません。

前回の移行時の反省を踏まえてある程度Apple社も不具合が少なくなるように対策はしているようですが、、

2,互換性

対応していないアプリでもRosetta2というアプリを使ってApple silicon搭載Macでも動くようにするとのこと。しかし、どうしても本来は別のものを同じように扱おうとするわけですから遅延だったりと何かしらの問題は発生すると思います。

Office製品Adobe製品は既に完全に対応しているとのことですが、こればっかりは蓋を開けて見なければ分かりません。

「昨日まで使えていたのに全く使えない」

というのは可能性として低いと思いますが、

「昨日まで何の問題もなく使えていたのに、急に固まったりしだした」

ということは十分あり得ます。

3,Windowsは動くのか

Macでは、Boot Camp等の機能を使えばWindowsも動かすことができます。

しかしながら、Apple Silicon搭載Macでは、開発やライセンス等の関係でWindowsが動かない可能性があります。

「MacだとWindowsも使えるしMacでいいや」と思っていた人もいたと思いますが、今後はそう思えなくなるかもしれないのです。

続報が待たれますが、Windowsが使えない可能性があるということは、頭に入れておいた方がよいと思います。

Apple Silicon搭載Macは買いなのか〜Apple好きな筆者の個人的意見〜

ここまで読んでいただきありがとうございます。

最後に、Apple好きな筆者が独断と偏見でApple silicon搭載Macは買いなのかについて書いていこうと思います。

結論から言うと「買いだが買うのはまだやめといた方がいい」です。

実際にApple Silicon搭載Macが出たわけではないので分かりませんが、Apple Silicon搭載Macについて語った6月のイベントを見る感じ、Apple Silicon搭載Macは多くの面で期待が持てます。

しかしながら、おそらく何かしらの不具合は多いと思います。

「Appleさん!貢がせてくださいー!」なんて私みたいなApple lover以外は、まだ買うのはやめといたほうがいいです。

Apple silicon搭載Macのレビューがある程度出て、自分が使ってもストレスにならなそうだ、

そうなった時に買うのがベストだとおもいます。

Apple社自体も2年間の移行期間を設けてますし、今すぐパソコンが必要ない方なら、2年後に購入しても良いかと。

ただ、オタクが使うものの代名詞だったパソコンをより身近なものにするのに貢献した歴史がApple社にはありますが、今回もより一段とパソコンを多くの人にとって身近なものにしてくれるのでは、と個人的に期待しています。

それでは今日はこの辺で。。

Apple最新ニュース
スポンサーリンク
あなたの1フォローが励みになります
このブログの運営者

当ブログの管理人で現役大学生
歴史・本・テクノロジーをこよなく愛する男性
「どこよりも丁寧にわかりやすく面白く」という
モットーで当ブログを運営しています。
お気軽にコメント下さい。

あなたの1フォローが励みになります
えんでのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました